一日葬のお布施?お寺さんによっては安くならない?

一日葬のお布施?

お寺さんによっては安くならない?

Sponsord Link

お布施は日数によって料金は変わるのでしょうか?

堀ノ内斎場の一日葬を例に、詳しくみていきましょう。

 

お布施とは

まず最初にお布施とは何か?について説明します。

一般的に、お布施とは、法事や葬儀の際に一連の儀式をしていただいた事への、お礼としてお寺へ渡す金品の事になります。

 

お布施の料金

お布施の料金とはいくらくらいなの?とよく聞きますが・・・

お布施はあくまでも気持ちなので、お布施には相場はありません。

 

とよく言いますが・・・現代社会ではある、と言わざるおえません。

本当に気持ちでいいなら、今の社会では二束三文になるでしょう。

 

日頃、付き合いのないお寺に、では葬儀の時のお布施、いくら払いますか?

払っても数万円でしょう・・・

今の時代、安くて良い物が当たり前の世界、そうなって当然でしょう。

 

お布施の相場

お布施の相場ですが、葬儀の時のお布施というのは、基本的に3ランクに分かれます。

それは戒名のランクといってよいでしょう。

 

戒名は、以下のように3ランクに分けられます。

信士・信女

居士・大姉

院居士・院大姉

 

戒名もお布施に含まれますので、そのランクにより、お布施の相場も異なるのです。

 

信士・信女  20万から40万

居士・大姉  40万から60万

院居士・院大姉  60万から100万

 

これは、一般的な相場であり、地域によっては、これより安くなる場合もあれば、高くなる場合もあります。

 

一日葬の場合、お布施はどうなる?

ではたとえば、堀ノ内斎場で一日葬を行う場合、お布施はどうなるのでしょうか・・・

結論としては、金額が変わる場合もあるが、変わらない場合もある。

 

傾向としては、

菩提寺の場合は変わらない場合が多い

紹介の場合は変わる場合が多い

となります。

 

菩提寺と紹介

菩提寺とは、檀家である場合にその属しているお寺の事をいいます。

紹介とは、付き合いのあるお寺がない場合、法事や葬儀の際に、葬儀社やネットからお寺を紹介してもらう場合です。

 

紹介の場合は、明朗会計が当たり前になりますので、一日葬の場合は、だいたい通常の1/2から2/3くらいになります。

通常の葬儀は2日間ですが、一日葬の場合、一日だけなので料金が安くなるのです。

 

一日葬の選び方

一日葬を選ぶとき、葬儀社の選び方によって、値段はぜんぜん異なります。

驚くほど、高い葬儀社もありますので、安くて良い葬儀社の選び方を知っているか、いないかで金額は本当に違うので要注意です。

 

以下に、安くて良い葬儀社の選び方をご紹介します。

→知らないと損します!最安値の葬儀社サイト見つける方法!

 

堀ノ内斎場で一日葬

堀ノ内斎場で一日葬と決めているなら・・・

安くて評判な葬儀社がありますので、ぜひご確認ください。

 

→堀ノ内斎場!格安の家族葬!ここまで安いのは見たことない!

 

良い葬儀をするなら事前相談

 

やはり確実に良い葬儀をしたいのであれば事前相談をおススメします。

なんでも準備をしっかりと行っておいた方が、よいものになるに決まっているのです。

 

フリーダイヤル

0120-81-9494

 

無料のメール相談もご利用ください。

→メールで無料相談をご希望の方はコチラへ

 

 

Sponsord Link