一般葬の意味とは?家族葬と何が違う?

一般葬の意味とは?

家族葬と何が違う?

Sponsord Link

堀ノ内斎場の一般葬と家族葬を例に、その違いについてみていきましょう。

 

一般葬と家族葬の違いとは・・

まず最初に一般葬と家族葬の違いについて、簡単にみてみましょう。

簡単に違いを言いますと、一般の人が葬儀に来るかこないかです。

 

家族葬の場合は、一般の人が葬儀には来ません。

一般葬の場合は、一般の人が葬儀に来ます。

 

葬儀の、お通夜を行い、次の日に告別式を行うという基本的な流れというのは、一般葬も家族葬も違いはありません。

 

一般葬の意味とは・・・

一般葬の意味とは・・・

一般の人、つまり誰でも参列できる葬儀という意味になります。

 

基本的には、故人と関係のある人しか参列しないことがほとんどですが・・・

全国的に有名な人や、地域の有名人などの場合は、もともと面識がなくても一般葬に参列される方もいます。

 

一般葬の特徴を詳しく・・・

それでは一般葬の特徴について、家族葬と比較してみていきましょう。

●費用は高額

●参列客への対応

●参列人数が多い

 

それぞれ詳しくみていきましょう。

 

費用は高額

一般葬の場合は、やはり家族葬よりも費用は高額になる可能性が強いです。

高額になるのは、以下の要因が多いです。

 

・規模の大きい葬儀場にしなければならない

・祭壇やお棺など、グレードが高めになる

・人が多くなるので、葬儀備品も多くなる

 

参列客への対応

一般葬の代表的な特徴に、参列客への対応があります。

家族葬の場合は、家族や親族のみしかいないので、参列客への対応はありません。

 

しかし、一般葬は違います。

会社の上司、取引先のお客様、地域のお偉いさん、家族の友人、知人、関係者などなど・・・

参列していただいた、すべての方々に感謝の対応をしなければならないのです。

 

精神的にも身体的にも、かなり大変なことがわかるかと思います。

 

参列人数が多い

参列人数が多いということは、それなりの規模の葬儀場や通夜ぶるまいの場所を準備しなければいけません。

どれくらいの参列人数か、ある程度の予測をして、料理と返礼品も準備しなければなりません。

 

料理や返礼品のグレードをあげれば、費用もまた高額になっていきます。

 

低価格で良い葬儀社

一般葬であろうと家族葬であろうと、葬儀社には依頼しなければなりません。

葬儀社は、適格に選ばないと、高額な葬儀社に依頼してしまって、すごく困ったなんてこともあります。

 

良い葬儀社を上手に選ぶ方法はあります。

ぜひ、以下の方法をご覧ください。

→知らないと損します!最安値の葬儀社サイト見つける方法!

 

堀ノ内斎場で最安値レベルの葬儀社

堀ノ内斎場であれば、おススメの最安値レベルの葬儀社があります。

ぜひ、ご覧ください。

→堀ノ内斎場!格安の家族葬!ここまで安いのは見たことない!

 

無料相談はコチラ

葬儀は事前相談が大事です。

ぜひ、無料相談をご利用ください。

 

フリーダイヤル

0120-81-9494

→メールで無料相談をご希望の方はコチラへ

 

Sponsord Link