時後報告で最適な時期はこのタイミング!

家族葬の時後報告!

最適な時期は、どんなタイミングでしょうか?

 

Sponsord Link

 

堀ノ内斎場の家族葬を例に、事後報告のタイミングについて、説明していきます。

 

事後報告は2週間以内

家族葬の事後報告は2週間以内が最適です。

なぜかというと、49日までに弔問に来ていただけるようにです。

あまりに報告が遅いと、49日が過ぎてしまいます。

 

49日を超えると、納骨が終わり、お骨も自宅にはなくなってしまいますからね。

お骨がまだご自宅にある時に、弔問に来ていただいた方がよいでしょう。

 

弔問に来てほしくない場合

たとえば家族葬を行った後も、自宅に弔問には来てほしくない場合・・・

来てほしくない場合は、報告は49日が終わって落ち着いたらでよいでしょう。

 

葬儀が終わって、すでに60日くらい経過していると、本当に家族だけで行われたんだなと、弔問をご遠慮される方も多くなります。

 

弔問には来てほしくない場合は、それがよいでしょう。

 

しかし、お伝えする以上は弔問に来られる方もいるでしょう。

 

事後報告はなし

ひっそりと誰にもお伝えするつもりはない、ということであれば事後報告をしなくてもかまいません。

誰かにおしえなきゃいけないという義務はありません。

 

事後報告・・・あと1つ大事な事をしってください。

家族葬の事後報告のタイミングについてを知ったこの機会に・・・

葬儀における大事な事を、もう1つお伝えしておきます。

 

葬儀の費用は事前に準備をするのと、しないのとでは費用が雲泥の差になる事があります。

本当に車一台分、変わる場合もありますからね。

 

もしもの時のために、事前の準備を忘れないようにしましょう。

 

事前の準備をしないと、なぜ高くなるのか?

そもそも基本的に、日本の葬儀式はとにかく昔から高いです。

つまり日本全国、葬儀は高いのです。

 

だから何もせずに普通に葬儀を依頼すると高くなるのは当たり前なのです。

しかも、もしもの時は、心身ともに、かなりの負担がかかります。

 

葬儀をお願いしたら任せっきりになる事が多いのです。

そうするとどうなるでしょうか?

 

どんどんグレードなどが上がってしまい、どんどん高くなるのです。

 

事前準備をすると安くなる?

事前準備をすると、なぜ安くなるのでしょうか?

 

 

葬儀は高いのが当たり前だと言いましたが・・・

実はすごく安くて素晴らしい葬儀社もあるのです。

 

しかし、そんな良い葬儀社は事前に調べておかないと依頼する事はできませんよね。

事前に準備をすれば、格安で優秀な葬儀社を探す事が可能なのです。

以下の方法をぜひ、ご覧ください。

→知らないと損します!最安値の葬儀社サイト見つける方法!

 

堀ノ内斎場の格安葬儀社

 

事前の準備とはいっても・・・

どうしても事情があって事前の準備を出来ない人もいます。

 

そんな方でも高額な葬儀で困らないように・・・

以下の堀ノ内斎場の格安葬儀社を参考にしてください。

大変、評判が良くて安い葬儀社です。

→堀ノ内斎場!格安の家族葬!ここまで安いのは見たことない!

 

 

Sponsord Link