お通夜の流れ!まとめました!

 

お通夜の流れをまとめました。

 

 

堀ノ内斎場の家族葬や一般葬を例にみていきます。

 

お通夜の開式は午後6時

堀ノ内斎場では、お通夜の開式は、ほとんどの場合で午後6時です。

 

堀ノ内斎場ではない葬儀場でも、ほとんどの場合が午後6時でしょう。

 

まれに、遺族の都合や宗教者の都合で、前後1時間、早くなったり遅くなったりする場合もあります。

 

お通夜の流れ

お通夜の流れですが、お通夜は開式したら、お寺さんがお経を読むだけです。

 

だいたい40分から45分で、お経を読んで終わります。

 

その間に、遺族、親族、一般の参列者がお焼香をします。

 

一般の参列者の場合は、お焼香が済んだら、お清めのお食事となります。

 

遺族、親族の場合は、お通夜がすべて終了したら、お清めのお食事となります。

 

お焼香のタイミングは?

お通夜のお焼香のタイミングは基本的に、お寺さんが決定します。

 

お通夜が開式して、すぐにお焼香が始まる場合もあります。

 

しかし、開式して15分から20分、お焼香が始まらない場合もあるのです。

 

こればかりは、お通夜に参列してみないとわかりません。

 

Sponsord Link