喪主なしでも葬儀はできる?

 

家族葬や一般の葬儀ですが、喪主なしでも葬儀はできるのでしょうか?

 

 

喪主なしの葬儀や家族葬についてみていきましょう。

 

一般の葬儀なら喪主なしは難しい・・

一般の葬儀の場合は、喪主なしは難しいでしょう。

 

一般の葬儀の場合は、たくさんの一般の参列者が弔問に来てくれます。

 

やはり責任者である喪主をたて、しっかりと感謝の意を表さねばなりません。

 

会葬礼状にも喪主の名を記載して、礼を尽くすべきです。

 

一般葬の場合は喪主をたてるのは人としての常識でしょう。

 

喪主をどうしてもなしとしたいのなら、家族葬をおすすめします。

 

家族葬なら喪主なしでも葬儀は可能

家族葬であれば喪主なしでも葬儀は可能です。

 

家族葬であれば参列者は遺族と親族のみです。

 

一般の方が参列されたとしても、親交が深い少人数の方だけでしょう。

 

家族葬の場合は、事前に喪主なしで葬儀を行うと、参列者にお伝えしておけば問題はないでしょう。

 

家族葬でも名前だけでたてるのあり

家族葬とはいえ、返礼品などの会葬礼状に喪主の名前がないのは、かっこうがつきません。

 

家族葬であれば、喪主は名前だけでも決めておくこともできます。

 

特に喪主の役割もする必要はありません。

 

名前だけで、あとは葬儀社に進行はまかせる事も全然可能です。

 

Sponsord Link