常識について考えてみました。

家族葬の常識とはどんな事があるのでしょうか?

 

 

堀ノ内斎場を例に家族葬の常識についてまとめました。

 

家族だけが前提

家族葬とはその名の通り、家族だけで行われる葬儀のことです。

 

ですので掲示板などで家族葬で行いますと通知された場合は、参列する事は控えた方が無難です。

 

呼ばれてないのに参列しない

家族葬に参列される方は、遺族および親族、そして家族くらい親しい人に限られます。

 

家族葬の場所や日程を知ったからといい、呼ばれていないのに弔問するのは失礼です。

 

葬儀が終わった後に、ご家族にご連絡をして、お線香などあげさせてもらいましょう。

 

斎場はどこでも同じ

家族葬の常識は堀ノ内斎場に限らず、どこで行われる家族葬も同じです。

 

家族葬は家族・親族が主体のご葬儀です。

 

家族葬の常識 まとめ

家族葬の常識とは、家族と親族の考え方が優先なのです。

 

家族やご親族の気持ちをくみ取り、早まった行動をされないように注意しましょう。

 

家族葬にするということは、そっとしておいてほしい・・・ということなのです。

 

Sponsord Link