花祭壇や白木祭壇はどうやって決まるの?

 

堀ノ内斎場の家族葬や葬儀をみていると、花祭壇や白木祭壇など

種類がありますよね。

 

 

祭壇はどのように決まるのか、まとめてみました。

 

祭壇はどのように決まるのか?

祭壇は基本的には葬儀の打合せで決まります。

 

最近では、生花祭壇しか扱っていない葬儀社が増えています。

つまり生花祭壇しか選べないという事です。

 

それは、なぜでしょうか?

 

白木祭壇は、古臭い、使い回し、などマイナスイメージが強い

うえ、仕入れ、管理、保全などコストがかかるのです。

 

白木祭壇はメリットが少ないんですね。

 

花祭壇

最近では白木祭壇より花祭壇が多いですね。

 

花祭壇にも生花祭壇と造花祭壇の2種類があります。

 

一時期、造花祭壇もありましたが、今ではほとんどありません。

 

やはり、造花イコール偽物、祭壇は使い回しというマイナス

イメージが、人気がなくなった理由でしょう。

 

白木祭壇

最近では白木祭壇は少なくなりました。

しかし、いまだに白木祭壇を多く使用している葬儀社

もあります。

 

それは互助会などの契約をしてしまっている場合です。

 

もともと白木祭壇の葬儀コースの契約をしてしまって

いるのです。

 

Sponsord Link