堀ノ内斎場のお香典返し

堀ノ内斎場の葬儀屋や家族葬に行くとお返しに品物を

いただきますが、おいしくないですよね?

 

Sponsord Link

 

という方、たくさんいらっしゃるかと思います。

 

その品物の事をお香典返しと言います。

 

お香典返しは、誰が準備して、内容はどのような物

なのかまとめましたので、ご参考にしてください。

 

お香典返しとは・・・

そもそも、お香典返しとは、なんでしょう?

 

これは、言葉の意味のままで・・・

お香典をいただいたお返しに、お礼としてお渡しする品物です。

 

お香典をいただいてない方には、お渡ししません。

 

お香典返しの事を、即返し、当日返し、返礼品と言ったりも

します。

 

お香典返しの中には、会葬礼状というお礼状も入ります。

 

故人名や喪主、葬儀の日程、お礼の言葉などが書いてある

礼状です。

 

堀ノ内斎場では準備しません

お香典返しは誰が準備するのでしょうか?

堀ノ内斎場で準備するのでしょうか?

 

答えは、堀ノ内斎場ではお香典返しの手配や準備は

一切、おこないません。

 

堀ノ内斎場は、葬儀場の貸出と火葬業務がメインで

あり、お香典返しには関与しません。

 

お香典返しは誰が準備するの?

お香典返しの手配は、基本的に葬儀社が行います。

 

お香典返しも料理と同様で、ほとんどの葬儀社が外注しています。

 

お香典返しなどの品物を準備する外注さんは、だいたい、葬儀社

によって異なります。

 

しかし、お香典返し屋さんは料理屋さんほど、数が多くないので、

かぶっている場合も多いでしょう。

 

お香典返しと言えば、定番はお茶やのりですね。

 

葬儀に参列して、もらってきたお茶を飲んだらマズくて飲めな

かったなんて話も、よく聞く話です。

 

お香典返しの質はどうなの?

お香典返しの質はどうなの?って気になりますよね。

 

質の違いは、まずは値段ですね。

お香典返しの相場は、およそ2000円から4000円くらいです。

 

2000円のお茶より4000円のお茶の方が、おいしいに決まって

るでしょう。

 

しかし、お茶に関しては、そのお香典返し屋さんが、自社の茶畑を

所有しているかしていないかにも、だいぶかかわってきます。

 

もちろんですが、自社の茶畑を持って自社工場を持っている方が

安くておいしいに決まっていますね。

 

ですので、返礼品屋さんによりお茶の味は差が出ますよ。

 

今は、お香典返しの品物も、多種多様化しています。

 

梅干しやら鮭フレークやらヨウカンまで。

さらにはコーヒーからクッキーまで。

たくさんあります。

 

お香典返しは高いの?

お香典返しは高いのか?・・・

 

お香典返しって、その名の通り、お香典のお返しです。

 

お香典にいただいた金額より、安い品物を返せば損は

しないですよね。

 

たとえば5000円のお香典をもらっていて、3000円の

お香典返しを準備すれば、損はしません。

 

しかし、お清めのお食事をご用意している場合だと、

プラスαで費用がかかるのでチャラというところで

しょうか。

 

例えば、お香典が3000円の場合に3000円のお香典返し

を準備して、お食事の準備もするとマイナスですね。

 

そこを考慮して2000円のお香典返しにするとか、検討

しなければなりません。

 

Sponsord Link

Posted by wstgb95188wso5